2007年07月19日

愛と感謝の即興演奏法(2)

今回は、コードの「第1転回型」を学びます。
「基本型」(前回)の復習も同時に行います。
これだけでも結構いい曲になりますよ。
(アイデアと表現力がなければダメですけれど)

「第1転回型」は、「C」のコードを例にすると
基本型「ド、ミ、ソ」(1,3,5)の「ド=1」が
オクターブ上に移動して
「ミ、ソ、ド」(3,5,1)
これが「第1転回型」です。
1番下の音が「3=ミ」
1番上の音が「1=ド」
になっています。

「Dm」を例にすると
基本型「レ、ファ、ラ」(1,♭3,5)の「レ=1」が
オクターブ上に移動して
「ファ、ラ、レ」(♭3,5,1)
これが「第1転回型」です。
1番下の音が「♭3=ファ」
1番上の音が「1=レ」
になっています。

*「♭3」=短3度
1度の音から短3度上を表しています。
「3」は長3度です。
音程については別の機会に学びます。

<即興の材料>
長調の機複嬰戞法↓m(2度)のコード
「第1転回型」
キーC(ハ長調)を例にすると
C(ミ、ソ、ド)、Dm(ファ、ラ、レ)を使います。

右手は2つのコードだけを弾きます。
「第1転回型」
メロディーが「ド」の時「ミ、ソ、ド」
メロディーが「レ」の時「ファ、ラ、レ」

左手はコードが(Dmに)変わっても、
「ド」をオクターブ(または単音)で弾きます。

左手と右手は好きなようにリズムを付けて
弾いて下さい。
(やり方は前回と同じです)

♪課題を練習しましょう。

<課題2−1>4小節
|ド|レ|ドーレー|ド|
*3小節目は2拍ずつ。

<課題2−2>4小節
|レ|ド|レードレ|ド|
*3小節目は「レー」は2拍、「ド」と「レ」は1拍ずつ。

次の課題は前回の「基本型」と組合せます。
復習すると
メロディーが「ソ」の時「C」「ド、ミ、ソ」
メロディーが「ラ」の時「Dm」「レ、ファ、ラ」
でしたね。

<課題2−3>8小節
|ソ|ラ|ド|レ|ド|ラ|ソーラー|ソ|
*7小節目は2拍ずつ。

<課題2−4>8小節
|レ|ド|ラ|ソ|ラ|ド|レードレ|ド|
*7小節目は「レー」は2拍、「ド」と「レ」は1拍ずつ。

         ☆

♪課題を12のキーで弾きましょう。

<キーC>は書きましたので、
残りは「たった11キー」です。

自信のある人は、
12キー、途中止まらずに、
音楽的に表現して下さい。

「第1転回型」が不安な人は
以下を参考にして下さい。

「第1転回型」一覧表

<キーF>
F(ラ、ド、ファ)、Gm(♭シ、レ、ソ)
左手のベースは「ファ」の音のみ。

<キーB♭>
B♭(レ、ファ、♭シ)、Cm(♭ミ、ソ、ド)
左手のベースは「♭シ」の音のみ。

<キーE♭>
E♭(ソ、♭シ、♭ミ)、Fm(♭ラ、ド、ファ)
左手のベースは「♭ミ」の音のみ。

<キーA♭>
A♭(ド、♭ミ、♭ラ)、B♭m(♭レ、ファ、♭シ)
左手のベースは「♭ラ」の音のみ。

<キーD♭>
D♭(ファ、♭ラ、♭レ)、E♭m(♭ソ、♭シ、♭ミ)
左手のベースは「♭レ」の音のみ。

<キーG♭>
G♭(♭シ、♭レ、♭ソ)、A♭m(♭ド、♭ミ、♭ラ)
*「♭ド」は鍵盤上では「シ」ですが
楽譜に書くとこうなります。
左手のベースは「♭ソ」の音のみ。

<キーB>
B(♯レ、♯ファ、シ)、C♯m(ミ、♯ソ、♯ド)
左手のベースは「シ」の音のみ。

<キーE>
E(♯ソ、シ、ミ)、F♯m(ラ、♯ド、♯ファ)
左手のベースは「ミ」の音のみ。

<キーA>
A(♯ド、ミ、ラ)、Bm(レ、♯ファ、シ)
左手のベースは「ラ」の音のみ。

<キーD>
D(♯ファ、ラ、レ)、Em(ソ、シ、ミ)
左手のベースは「レ」の音のみ。

<キーG>
G(シ、レ、ソ)、Am(ド、ミ、ラ)
左手のベースは「ソ」の音のみ。

      ☆

では楽しんで遊んで下さい。
これだけでいい曲になります。
ただ弾くだけではなく
おもしろくする工夫が大切です。

terusannoyume at 22:52│Comments(4)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヒマジン   2007年07月20日 00:14
5 本当に感謝します。ありがとうございます。朝までかかって書き直してくださるなんてビックリです。おつかれさまです。
テル先生はいい方ですね。なんだかこのサイトに出会えたのが嬉しくて仕方ないです。
ナマケモノの私ですが、重い腰を上げ、取り組んでみました。和音で弾くんじゃなくて、一番高い音を弾くんですね。なんだか音楽の基礎がわからないので、長?短?ん何が何度なんだあ〜ってパニックってましたが、本を見て勉強してやっと理解しました。転回型は明日やってみます。なんだか練習が楽しくなってきて、とても嬉しいです。
2. Posted by テルさん   2007年07月20日 02:26
喜んでくれる人がいるだけで幸せです。
1番高い音を意識して同時にコードも弾くのです。そして転回型も使ってメロディーも少しずつ複雑になって、でもコードも常に同時に弾いている。遊んでいる(知らない)間に12個の長、短3和音を全部覚えてしまう計画なのです。こんな素晴らしい方法、あの質問がなかったら考え付きませんでした。本当に感謝しています。ありがとう!
3. Posted by ヒマジン   2007年07月21日 01:26
そんなぁ恐縮です(^^;)
無い頭を久しぶりに使って、やってみました。まだ遊んでいるという境地には程遠いようですが、頑張りマース。あっもう(3)が出ていて驚きました。早いですね〜。早速トライしてみます。
4. Posted by テルさん   2007年07月22日 03:29
少しずつでいいですから、楽しんで練習して下さい。頭が疲れても、気持ちいい疲れだと思いますよ。出来た時の喜びと言ったらいいのかな?そのうちに遊べるようになります。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集