2007年07月07日

毎日の研究が大切だ

こんにちは。今日は7月7日。
京都のドリーム音楽院に来ています。
中心街、四条烏丸の大通りに近いのですが、
正確には東洞院通り綾小路ですので
早朝はとても静かで野鳥の鳴き声が聞こえます。
(メロディーが聞こえればいいんだけどなー)

鳥の鳴き声を楽譜にしたのは、メシアン。
私は声を鑑賞しながら沢山アンコが入ったお饅頭を食べてます。
(「優雅な世界じゃなー」という感じ!)

最近はブログの読者と会う機会が増えましたが、
みんな同じことを言いますね。
いや、同じ悩みを持っている人が来るのか?
「ジャズピアノを教わっていても、
アドリブは弾けるようにならない」という悩みです。

初心者に即興演奏を教えるのは
意外と難しいのです。
ジャズ理論を教えてもらっても、
「どう応用すればいいの?」と
初心者は悩みますよね。
具体的方法を分かりやすく教えないといけない。
先生達も悩んでいると思いますよ。

           ☆

さて、最近ブログが進まなくて申し訳ありません。
決して遊んでいる訳ではありません。
自分の勉強、研究が忙しいのです。(でも遊びかな?)

何をやっているかと言うと、
「ひらめき」の研究をずっと続けています。
本を読んだり、CDを聞いたり、
DVDやビデオを観たりしています。
「作曲あれこれ」に書いた人たちの共通点を検討したり、
天才達の研究なども。

さらに具体的方法なども自分で試してみないと
みなさんに紹介出来ません。
まだまだ時間がかかりそうです。

人生全体のことも含む自己改造計画ですから
奥が深いです。

ブログも短時間で書けるようにするには、
能力開発をしなくてはいけません。
今までのように長時間かけていては寝不足になり、
体調を崩してしまいます。

自分流の自己開発法を考えて、
さらにマスターするまでには時間が必要。

ピアノも同じですよね。

ただし、ジャズピアノは
勉強法すらわからない人が多い。

私の考える理想のレッスンは、
即興演奏が弾けるようになるのは当たり前で
人生の生き方まで変わってしまう方法。

ジャズピアノを学ぶことが、
そのまま幸せにつながる道。
「ジャズピアノ道」

現在は、誰が来ても
即興が弾けるようにすることは出来ます。
しかし人生の生き方までは?

そこで、
理想の生き方が出来る音楽学習法を
今、自分で実験、開発しているところです。

ブログを楽に書けるようになった時は、
自己開発が成功した時かも?

あなたは即興を絶対に弾けます。
しかし、私の能力開発は
毎日お饅頭を食べていたら
ますます感覚が鈍りそう。

酒、タバコは昔からやらない私は
禁酒、禁煙ではなく
「禁アンコ」「禁饅頭」
何だかカッコ悪いなあ。
修行中はやめようかな、甘い誘惑。

理想と現実は、すごく差があるよね。

terusannoyume at 08:14│Comments(0)TrackBack(0) 初心者でも必ず弾けるよ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集