2007年05月03日

アドリブ上達の重要課題

ジャズ・ピアノ上達を望むなら
以下の課題を練習しよう。
アドリブが上手くなるためには、
コードをマスターすることが重要な課題。

クラシック・ピアノ学習者も練習しよう。
曲の和声が今までよりも理解出来るようになり、
暗譜も楽になってくる。
特にカプースチンを弾きたい人は必修課題。

対象は初心者から上級者まで全員。
各自のレベルに合わせて
自分で以下の課題を(どう弾くか)工夫すること。

♪半音上行。
|| C | D♭| D | E♭ |
| E | F | G♭| G |
| A♭| A | B♭| B ||(C)

♪半音下行。
|| C | B | B♭ | A |
| A♭ | G | G♭ | F |
| E | E♭ | D | D♭ ||(C)

♪完全4度上行。
|| C | F | B♭ | E♭ |
| A♭ | D♭ | G♭ | B |
| E | A | D | G ||(C)

例えば
左手ルート、右手コード。
基本形を弾く。
転回形を弾く。
1小節内で基本形と転回形を弾く。
分散和音でも弾く。

中級〜上級者も必ず「基本3和音」から復習すること。
「えー、基本3和音なんか弾けるよ」
などと言わないように。
以下の課題は上級者でも練習しないと弾けない。
例えば

<課題1>
基本形、第1転回、第2転回、オクターブ上の基本形、
さらに続けて逆に元の基本形まで戻る。
これを8分音符で速いテンポで弾く。
12のコードをインテンポで途中絶対に止まらずに弾く。
「意外と難しいぞ!」

<課題2>
12のコード(基本形)を4分音符で移動していく。
(半音で上行した場合は、4小節目の1拍目で
スタートのコードがオクターブ上に来ることになる)。

8分音符で移動。2小節目の3拍目で元のコード。

3連符では2小節目の1拍目で元のコード。

16分音符では何と同じ小節内の4拍目で元のコード。

これらの課題を半音上行、下行、完全4度移動。
出来る限りの速さで弾く。

<課題3>
課題2を、第1転回形で弾く。
次に、第2転回形で弾く。

あなたは以上の課題を
最後まで止まらずに弾く自信があるだろうか?

<課題4>
中級〜上級者は
テンションを加えたコードでも<課題2>を練習しよう。

         ☆

さあ、練習を始めよう。
ジャズ、クラシックなどジャンルに関係なく全員が対象。
初心者から上級者まで自分のレベルに応じて、
少し努力すれば出来る範囲で、楽しく練習すること。
自分の音楽的レベルが上がるのは誰でも楽しいよね。

♪半音上行。
|| C | D♭| D | E♭ |
| E | F | G♭| G |
| A♭| A | B♭| B ||(C)

♪半音下行。
|| C | B | B♭ | A |
| A♭ | G | G♭ | F |
| E | E♭ | D | D♭ ||(C)

♪完全4度上行。
|| C | F | B♭ | E♭ |
| A♭ | D♭ | G♭ | B |
| E | A | D | G ||(C)

☆マイナーコードも練習しよう。
♪半音上行、下行。

♪完全4度上行。
|| Cm | Fm | B♭m | E♭m |
| G♯m | C♯m | F♯m | Bm |
| Em | Am | Dm | Gm ||(Cm)

☆ドミナント・7th・コード
♪半音上行、下行。

♪完全4度上行。
|| C7 | F7 | B♭7 | E♭7 |
| A♭7 | D♭7 | G♭7 | B7 |
| E 7 | A7 | D7 | G7 ||(C7)

☆マイナー7th・コード
♪半音上行、下行。

♪完全4度上行。
|| Cm7 | Fm7 | B♭m7 | E♭m7 |
| G♯m7 | C♯m7 | F♯m7 | Bm7 |
| Em7 | Am7 | Dm7 | Gm7 ||(Cm7)

          ☆

☆完全4度上に進行する手前に半音上のコードを持って来る。
|| C7 ( G♭7)| F7 ( B7)| B♭7 ( E7)| E♭7 ( A7) |
| A♭7 ( D7) | D♭7 ( G7)| G♭7 ( C7) | B7 (F7) |
| E 7 ( B♭7)| A7 ( E♭7)| D7 ( A♭7)| G7 ( D♭7)||(C7)

この課題は、特に重要だ。
ドミナント7thの代理コードがすべて練習出来る。
中級〜上級者は、基本コードを練習したら、
テンション・コードでも練習しよう。

例えば
 左手(ルート)
 右手(♭7,9,3,13)
または(3,13,♭7,9)

さらに「両手のコード」でも練習しよう。
1.左手にルートがあるコード

例えば
左手(1,♭7)、右手(3,13,9)

2.左手ルート省略のコード

例えば
左手(3,♭7,9)、右手(5,1)

弾くタイミングも、最初は小節内2つのコードを
2分音符で弾く。
次に代理だけ4拍目(4分音符)で弾く。

最終目標は、4拍目の頭で代理コード、
すぐに裏拍で次のコードを半拍前に出して弾く。

各自、自分のレベルに応じて工夫しよう。

terusannoyume at 09:22│Comments(6)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by doremi   2007年05月03日 13:59
5 はじめまして。私は都内でクラシックのピアノを教えています。ジャズの勉強を過去に数年しましたが、なかなか思うようにはいかずストレスをかかえる状態です。先週テル先生のこのブログを偶然見つけ必死に全部の記事に目を通し感激しています(~O~)このようなブログに出会えて嬉しい限りです!!本日の実践トレーニングメニュー早速練習してみます。このような指導知識を公開されるテル先生の度量に感謝の気持ちで一杯です。今後のブログも本当に楽しみにしています。カプースチンの分析も自分で出来る範囲で予習しています。今度の発表会で前奏曲の23番か沈没覚悟でソナタ1番の4楽章に挑戦したくてここ数日CDがおかしくなるぐらい聴きこんでいる最中です。このブログを読んでからモティベーションがググッと上がりました(~0~)/本当に良識なブログをありがとうございます。
2. Posted by テルさん   2007年05月03日 22:22
コメントしてくれてありがとう。嬉しいです。ジャズを勉強して上手くいかなかったのは才能の問題ではなく勉強方法が自分に合っていなかっただけ。本当に弾きたくなったらぜひ教室に来て下さい。決して宣伝している訳ではありません。100%弾けることを証明するためです。カプースチンも学んでいるのですね。23番は人気がありますけれど、みんなに好かれる何かがあるのかな?
 みんなのコメントで私もすごくやる気が出て来ます。こちらこそ本当にありがとう。
3. Posted by ポロリン   2007年05月04日 18:51
5 テル先生【アドリブ上達の重要課題】ありがとうございます。基本形は簡単だろうと甘くみていました。速いテンポとなると結構ミスタッチしてしまいます。テンションからでいいだろうと思っていましたが、基本形からだと実感しました。あと「我、汝に為すべきことを教えん」もう一度読んでます。ひらめきって神秘的ですね。テル先生は読まれているかもしれませんが全音楽出版社からでている「バーンスタイン音楽を語る」っていう本を古本屋で入手しました。かなり昔の本なので絶版になっているかもしれません。その中で「いうべきこと・・・」p.287にも興味深いことが書かれています。ひらめきも不思議ですけど音楽ってそもそも不思議ですよね、形に見えない音だけなのに鳥肌がたったり、涙がでるほど感動したりするのですから。よくよく見渡せば世の中不思議だらけですね?毎回ためになるブログありがとうございます。これからのブログも楽しみにしています。
4. Posted by テルさん   2007年05月05日 09:38
3和音基本形を甘く見てはいけないのです。この課題は上級者でも練習しないと弾けません。よくわかったようですね。
バーンスタインの本はなかったので、今日別の本屋に行く予定です。別の本はあったのですが。
音楽でも、まだまだ不思議な話があります。ブログで少しずつ話しますね。
お楽しみに。
5. Posted by 如月   2007年05月06日 08:05
5 こんにちは。はじめまして。
ジャズピアノ歴一年半の如月です。
こちらのブログを連休が、始まったばかりのときに見つけました。
それぞれの課題をノートに写し、カプースチンのCDと楽譜を注文中です。
テル先生の「自分のレベルに応じて少し努力する。できる範囲で楽しく練習すること」という言葉に励まされました。
さて、これから、写し取った課題を練習しなきゃと思っているところです。
これからも、練習の指針にしていきたいと思っています。よろしくお願いします。
6. Posted by テルさん   2007年05月06日 10:05
ジャズピアノをすでに学んでいるのですね。カプースチンのCDを早く聴いてほしいです。本当にカッコいいんですよ。もう何回もこのブログで言いましたけれどね。みんなでピアノが上達したり、音楽的な進歩があればいいなと思ってブログを書いています。コメント本当にありがとう。これからも、たまにコメント書いて下さいね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集