2007年02月18日

作曲法も夢実現もすべて同じこと

アドリブの上達も、作曲も、夢実現も、すべて同じ。
今回のテーマは全員に当てはまります。
「あなたの夢は何でしょう?」
「音楽が上達することですか?」
それは、このブログを読んでいれば夢ではなく実現します。
もっと他の夢はありませんか?
スポーツ、英会話、料理、お花、ビジネス。
何でも構いません。
あなたが本当にしたいこと。上達したいこと。
その実現方法の話です。

         ☆

ジャズ・ピアノやアドリブの上達法は、いろいろな方法があります。
今までにも話しましたし、今後もさらに詳しく話す予定です。
例えば、アドリブを耳コピーして分析し、応用する。
私は、ピアノだけでなく、
管楽器(チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーン)
も一時、分析クラスを開講して徹底的に研究しました。

さらに、ジャズだけでなくクラシックも沢山分析しました。
バッハ「インベンション」、
モーツァルトやベートーヴェンの「ソナタ」、
ショパン、ドビュッシー、バルトークなど。
特にショパンは、クラシック作曲家の先生について
「マズルカ全曲」(51曲)を分析しました。
その時の話をします。クラシック作曲の勉強方法です。

      ☆      ☆

「マズルカ」とはポーランドの民族舞曲。
ショパン「マズルカ集」の1曲目からすべての音を分析していきます。
曲の形式、調性、和声進行、旋律の中心になる音(和声音)と
それ以外の音(非和声音)など、すべての音を分析するのです。
当然「和声学」などの知識は必要です。
ショパンがやっていることを理解するのですから、
ショパンと同等(またはそれ以上)の知識が必要です。
天才のひらめきや、ピアノ技術が同等と言っているのではありません。
理解するための理論的な知識です。
(ジャズのアドリブを分析する時も、
ジャズ理論を学んでいないと理解出来ません)。

ここからが、今回のポイントです。

何曲か分析しましたら、学んだことを応用して、マズルカふうの曲を作ります。
バラバラに分解したものを自分なりに組み合わせて再構築する。
原理原則を見つけ出し、特徴をつかみ、ショパンふうの曲を作るのです。

なぜ分析するのか?知識を増やす為だけではありません。
自分の音楽的能力を高めるため。
自分にないものを取り入れるため。
実技に活かすため。

この段階が大切です。分析結果を応用出来るか。
新たなことを身に付けられるか。
自分のものに出来るか、出来ないか。学習成果の分かれ道です。

    ☆    ☆    ☆

あなたは日本語が話せて、理解出来ますよね。
どうやって日本語をマスターしたのでしょう?
両親の真似をしたのですよね。(模倣、コピーです)。
母親が関西弁ですと、あなたも自然に関西弁になります。

日本人ならみんな日本語の字を書けますが、
美しい字を書くには「お習字」の練習が必要です。
「お習字」は、お手本をそっくりに真似て練習します。(コピーです)。

あなたが「テニス」や「スキー」などスポーツをやりたかったら、
その世界で一流と言われているプレイヤーのフォームを研究して
真似してみて下さい。(基礎は必要です)

「料理」を学びたかったら、おいしい料理を食べた時、
材料は何と何を使っていて、
隠し味に何を使っているのか分析します。
そして再構築を繰り返します。

「ビジネス」で成功したいなら、成功した人の本を読んだり、
講演を聞いて研究して下さい。
そして学んだことを自分のビジネスに置き換えて応用するのです。

絵を描きたいなら、シナリオなら、写真は。

もう、わかりましたね。
あなたは何でも好きなことが出来ます。

「すべては、模倣(コピー)から入る」のです。

terusannoyume at 07:10│Comments(4)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    2007年02月18日 11:11
テルさん こんにちわ
私のブログに ピアノを弾かれる方も多く、みなさん 日々にかなりピアノやギターが浸透していて 音楽好きな方なのですが、もしご都合悪くなければ 私のブログにテル先生のブログをリンクしてもいいでしょうか?
私は「お昼にハンバーグ定食を食べました」ハンバーグ画像付きの記事があっても好きだなって思う気もしますけど、こんなに専門的な情報で固められたブログは 音楽やってる人もそうでない人にもありがたい内容ですリンクはもしテルさんブログ理想方針とそれてたら リンクは断ってくださってもいいのですが 出来たら朗報をお待ちしてますm(_ _)m
2. Posted by テルさん   2007年02月19日 19:24
景さん、こんにちは。
ちょっと忙しくて返事が遅くなりました。景さんもよく知っているように、こちらはブログ初心者です。書くことが精一杯でリンクの意味はわかりますが、こちらからリンクすることはまだ何も考えていませんでした。ただ、景さんの素敵なブログでこちらのことを紹介してくれるのは嬉しいですよ。景さんのブログの横のところに、このブログのタイトルが出るのでしょう。(本当に意味わかってるのかな?)
とにかくやってみて下さい。私も「どうなるのか?」勉強になりますから。
3. Posted by    2007年02月19日 22:20
やった〜 吉報にテンションアップ〜
良かったです〜

そうですそうです
ライブドアのブログにはリンクと読者一覧とがあって どちらも どこでもドアが 増えるってことです
ひゃ〜〜〜早速リンク今から準備します〜
4. Posted by テルさん   2007年02月20日 07:11
私は何だかよくわかりませんけれど、景さんがそんなに喜んでくれるなら、こちらも嬉しいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集