2007年02月06日

作曲はいくらでも出来る

今週は忙しいです。
8日(木曜日)に復活ライヴ3回目(代官山、Candy)。
個人練習、ドラムとベースの譜面作り。
火曜日、水曜日、後2日しかありません。
「わ!ど、ど、どうしよう」(いつも、これです)
何でもぎりぎりにしかやらない性格を直したい。

翌日、金曜日からは京都(ドリーム音楽院)へ行きます。
2週間おきに、毎月2回、もう10年以上通っていて、
ジャズ・ヴォーカリストを目指す生徒たちを教えています。
同じ曲を多数の歌手が歌っている模範を集めた教材を作り
それを聴いて真似してくるシステムを考えてやっています。

歌伴は勉強になりますね。
同じ曲でも生徒によってキーが変わります。
歌う人の音域に合わせるのが当たり前ですから、
伴奏者はすべての曲を12キーで、しかも、
その場で間違いなく弾かなくてはいけません。
ところが、学生やアマチュア・バンドはそんなことは出来ません。
それでバンドのキーに歌が合わせる。
メチャクチャですよね。歌の人が、かわいそうです。

このブログでみなさんに
「基本コードやスケールは12キーで練習しましょう」
と言っているのは将来に備えるためです。

話は前後しますが、ライヴ前日(水曜日)は、東京の教室(高田馬場)でジャズ・ピアノのレッスンです。
生徒は、レストランやラウンジで弾いている人、音楽教室の先生など。
テンションの入った複雑なコードでも12キーで弾きます。
みなさんも簡単な3和音(ドミソ)から始めていけば、
誰でも出来るようになりますよ。

         ☆

私は、作曲も教えています。
作曲もコツがわかるといくらでも作れます。
それを証明するために、私は3ヶ月で100曲に挑戦しました。
3ヶ月は約90日です。1日1曲のノルマを決め、
10日に1回は1日2曲。
これで計算上は3ヶ月100曲ですね。
実際は、本当に1日も脱落せずに作り続け、110数曲完成。
1日の記録では、5曲出来た日がありました。
不思議ですが、その中の1曲が1番いい曲でした。
つまり、じっくり考えていい曲が生まれることもありますが、
ひらめきで出来た曲がいい場合もあるということですね。

しかし、上には上がいるもので全曲歌詞付きの曲を
500曲も作った生徒がいます。
 
     ☆        ☆

F先生は、子供の創作教室を開いています。
子供たちとの会話からテーマになる言葉を引き出し
歌詞を作ります。(子供の視点から作るのです)
そして毎年1月中、短期間で40曲ぐらい作曲して、
まとめて私のところに持って来るのです。

私は1曲ずつ点検し、コード進行を付け替えます。
子供の曲なのにジャズ・バラードになったり、
4ビートやボサノバ、ポップスなどに生まれ変わります。

「今週忙しい」と言ったのは、
数日前に曲を沢山受け取ったからです。
私のライヴがあるのを知っていて持って来るのですから。
(この後に続く言葉は言えません。
 だって、このブログをF先生も読んでいますから)
私は毎年これが楽しみです。
「テル先生、無理しないで下さい」(F先生)

    ☆    ☆    ☆

作曲は、コツがわかればいくらでも作れます。
しかし、作詞もコツがありますね。
たった1つの単語をヒントにして作品を仕上げる。
F先生の話を聞いていると、私も勉強になります。

いつかF先生にインタビューして、
このブログで紹介しましょうか?
 何事にもコツがあるのですね。

terusannoyume at 07:32│Comments(2)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 景   2007年02月06日 10:06
テルさん こんにちわ
なるほど〜 テルさんのブログを読んでいると やはり何事のも 行動を起こさなきゃとパワーをもらいますね

12キーも全調と馴染むためなんですねそれに1日1曲 曲を作ってみるとその日の気分でもいろんな曲が出来そうだし 1日1曲をずっと作れば 自分から奏でるっていうことが上手くなっていきそうですね
2. Posted by テルさん   2007年02月06日 18:24
景さん、いつもコメントありがとう。
段々いろいろと気付いて来ましたね。

1日1曲も挑戦して下さい。たった4小節のモチーフだけでもいい。後日、完成させればいいのですから。
どうしても出来ない日は、お休みでもいい。以前、話しましたね。計画は臨機応変に変えてもいいんだって。気楽に続けましょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集