2007年01月27日

ジャズ上達のアドバイス?

「ジャズピアノが弾けるようになりたい」
と、あなたは思っています。
「でも、どうしたら弾けるようになるのか?」
まったくわかりません。

 そこで、あなたはジャズをやっている人に
 質問することにしました。
「あのー、ジャズは、どうすれば上達するのでしょう?」

いろいろな親切な方が、アドバイスしてくれましたね。

★「ジャズはフィーリングだよ。
  好きなようにやればいいのさ」

本当でしょうか?
日本人は、最初からジャズのフィーリングを
持っているのでしょうか?
あなたは、持っていますか?
黒人でも、下手な人いますよ。

好きなようにやれば出来るなら
あなたは悩んでなんかいません。
このブログに、二度と来ないでしょう。
(いや、ぜひ上手い人も読んでね。
これからますます充実しますから)

この教えは、人生のほんの1場面では有効です。
例えば、アドリブのやり方を教えてから
「さあ、やってみよう!」などという場面です。

★「実践、実践、行動あるのみ。女は度胸だ!」

何も出来ないのにセッションに参加しても
あなたは恥をかくだけ。
いえ、それだけではなく、みんなに迷惑をかけます。
最低限のことは練習しておく。当然ですよね。

ある程度の段階にいる人には、有効な方法です。

★「聴きまくることさ」

あなたは英会話のCDを沢山聞いて、
英語がしゃべれるようになったでしょうか?
「はい、なりました」(英語が得意なあなた)
「あ、あ、あのね、それじゃあ、話が先に進まないんだ」
「なりませんでした」(素直なあなた)

ジャズのCDを聴くことはとても大切なことです。
私も大賛成です。
しかし、それはコードやスケール練習、理論の勉強などと
バランスが取れていないと、ただ聴くだけではダメです。

★「コピーするのみ」

「コピー」とは、CDを何100回も聴いて譜面にすること。
 これは、とても効果的ですが、条件があります。

初心者は、他にやることが沢山あります。
中級、上級者向きですね。
すでに自分なりのアドリブは出来るけれど、
本物のジャズピアノが弾きたい人。
上手くなるためには、努力は惜しまない人向き。
ただし、コピーするだけではダメです。
分析する理論的知識がないと、応用することが出来ません。

コピーに関しては、別の機会に詳しく話しますね。
とても大切な話です。具体的な方法まで教えます。

★「楽譜通りに弾きましょう」

ショパンの曲を毎日毎日毎日10年間弾いている人が
ショパンのような即興演奏が出来るようになったでしょうか?

それと同じように、ジャズの曲集を譜面通り弾いていても
いつまでたってもアドリブを弾けるようにはなりません。

楽譜通りに弾く訓練も必要です。
しかし、即興演奏は、まったく別の勉強です。

    ☆    ☆

あなたは、いろいろな方にアドバイスをいただきました。
とても、ありがたいことです。感謝しましょう。

これらの教えは、決して間違っていません。
すべて正しい教えです。

ただし、
あなたの勉強段階の「ある時期だけ有効」、
あるいは、
「他の勉強と組み合わせて」効果が出るのです。
「どれか一つですべて解決」などということはありません。

あなたが現在「どの段階にいるのか」によって
勉強すること、練習することが違います。

さらに、別の方法もまだまだあるでしょうね。

今回の話、それぞれの上達方法については
さらに詳しく取り上げる予定ですので
あなたの学習の参考にして下さい。(これ以外の上達法も)

terusannoyume at 08:05│Comments(2)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 景   2007年01月29日 21:54
テルさ〜ん
こんばんわ
ハノン 慣れてきましたよ〜
ちょっとひっかかったりしますがテンポ120くらいになってきました〜
なまった指にはもってこいですね

ところで 以前私がジャズにチャレンジしようとした時、ジャズの奏者さん方ほぼ100パーセントで 「楽譜から入らないように」ってアドバイスでしたが 楽譜をコピーするんですね???
これはなんだか新しい風が吹きそうです
2. Posted by テルさん   2007年01月31日 00:01
景さん、こんにちは。
数日間、京都にいましたので投稿出来ませんでした。
これから、また再開します。

ハノン、進歩しているようですね。
こちらも、いろいろ面白いことを考えました。ブログで報告しますね。

そして、コピーのことも中級以上の人には大切なテーマなので、さらに詳しく書きます。お楽しみに。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集