2007年01月15日

外でも学べるよ!

ジャズ・ピアノの勉強は
「弾くこと」だけではありません。
「聴くこと」も非常に大切です。
街に出掛けた時でも学べる方法を教えます。

最近、オシャレなカフェが増えたと思いませんか?
あなたが普段よく行く街にもありますよね。

私は、本が大好き(病気?)で、
毎日毎日、大型書店に行きます。
そして、近くのカフェに行き、
本を読むのが
私の日常生活です。

最近のカフェは、
コーヒーの値段も安いですよね。
200円前後でしょう?
オシャレで、値段も安くて、
こんなに嬉しいことはありません。

さらに嬉しいことは、
ジャズを流しているお店が多い。
オシャレな雰囲気にジャズが合うからでしょうね。

私は、本を読みながら、
何となくジャズに耳を傾けています。

時には、本を読む目を休めて
ジャズに聴き入ります。

外で聴くジャズのいい所は
自分の知らない演奏が聴けること。

家で聴く時や携帯で持ち歩く音楽は
自分の好きなものに限られています。

ところが、お店では、
「次に何が流れるのか」
まったくわかりませんよね。
だから自分の好みに偏らないで聴けます。

例えば、
私はピアニストなので
ピアノ・トリオ、またはソロ・ピアノは
沢山、沢山、沢庵(わ!間違えた!)聴きました。

しかし、
管楽器が2〜3本入っているグループの演奏は
代表的な人以外のものは、あまり聴いていません。
(パーカー、マイルス、コルトレーンなどは、
全作品をほとんど聴いていますので、それ以外です)
(さりげなく言いましたが、上記3人の全作品って
相当の数ですよ)。
ですから、それ以外の演奏が聴けて
とても勉強になります。

あなたも自分のお気に入りのカフェを見付けて、
日々の勉強を続けて下さい。


terusannoyume at 02:33│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集