2007年01月13日

テリー・ハーマン・トリオ 2月のライヴは?

幻のテリー・ハーマン・トリオ
〜〜復活ライヴ(第3回)〜〜

2月8日(木)
夜7時半スタートです。

先日(第2回)は、
「冬のソナタ」の[MY MEMORY]が少し失敗したので
今度はアレンジを変えて再挑戦します。
もちろん「冬のソナタ」ジャズ・ピアノ・ヴァージョンですよ。

テリーさんのレパートリーの曲名だけ書き出すと
とてもジャズ・ピアノとは思えません。
「オリビアを聴きながら」
「赤いスイートピー」
「ワインレッドの心」
「ゆうやけこやけ」
「通りゃんせ」
まだまだ、他にもトンでもない曲(演歌)もありますが、
テリーさんは、
他のジャズ・ピアニストが絶対に弾かない曲ばかり
わざと選んで40年前からやっています。

ジャズですから当然のことですが
全曲、コード進行はジャズ風に付け替え、
コードのサウンドもテンション入りのジャズ・コード、
アドリブは「ガンガン」やりますし、
ドラム・ソロも
「ガンガン、ドンドコ、ドコスコ、ドンシャン」やります。

ですから曲名だけを見て判断しないで下さい。
お客様の会話が聞こえるように
静かに演奏するバンドではありません。
会話など聞こえないぐらい「ドンドコ、パシパシ」。

「あ!そうだ」
ひょっとして、ホテル関係の方がこのブログ読んで
お仕事くださる時は、静かに演奏しますからね!
「お前は、ポリシーがないのか!」(あなたの正当な意見)
「だ、だ、だって、生活がー」(テリーさんの素直な意見)

場所は、前回と同じ[CANDY]。
行き方は[代官山 CANDY]で検索すれば地図も見れます。

(TEL.03−5428−3311)

お時間がありましたら、
「ポリシーあふれる演奏」を
ぜひ聴きに来て下さいね。


terusannoyume at 23:49│Comments(0)TrackBack(0) ライヴ楽屋裏話 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集