2006年12月20日

「即興ピアノ」独習のすすめ

「ヴォーカリストは歌だけ歌っていればいい」
 という考え方もあります。
しかし、私の考えは違います。
「1曲でもいい。弾き語りが出来たら楽しいのでは?」
 と、思うのです。
また、すべての楽器の人たちにも
「作曲や、編曲が出来た方がいいよね」
「それには、キーボードが弾ける方がいいよ」
と、提案したいのです。

音楽大学では、管、弦、打楽器の人たちも
「ピアノ」と「ソルフェージュ」をやらされます。
「ソルフェージュ」というのは
楽譜を見て音名で歌うことです。
音楽の基礎教育である
読譜、聴音、音楽理論、表現力、リズム感
などを含めていう場合もあります。

自分の専門楽器とは別に、
全員が「ピアノ」と「歌」をやらされるのです。
ただし、副科ですから特別に上手くなくてもいい。
音楽家として最低限の
基礎能力を身に付ければいい。

ところが、
ロック、ポップス、ジャズなどでは
自分の専門楽器だけを
やっていればいい(と思っている?)人たちがいる。

強制的に「ピアノ」や「歌」をやらされることはない。

そこで、私は、
「ピアノが弾けない人は
縛り付けて、こちょこちょ、くすぐる刑にすればいい」
と、思うこともありました。
しかし、
この刑に「快感を覚える人がいるかも?」と思い
刑のことは考えるのをあきらめました。

「あ!何を言っているんでしょう。私は」

あなたは、このブログをしばらく読み続ければ
「無料で」、ピアノが弾けるようになります。
(ライブドアの社長と社員の皆様に感謝してね)。

「弾けるようになる」と言っても、「現在より少しは」ですよ。

専門的なことは、
日本全国の駅前に教室があるでしょう?
または、
会社、自宅の近くにある個人の教室に行って下さいね。

私は、このブログを通じて
「全国のピアノを弾けない人たちを弾けるようにしよう」
と思っています。
また、
「譜面通りなら弾けるけれど」
というピアノ経験者たちにも、
「もっと自由に即興演奏が出来たら楽しいよ」
と、提案する予定です。

この「とんでもない計画」、
「ブログの新たな可能性」に
 私は挑戦したい。
 いえ、挑戦させて下さい。

それには、あなたの協力が必要です。
人類初の試みを、
ぜひ、お友達に知らせて下さいね。
特に、
ピアノが弾けるとは思っていない人たちに
読んでほしい。

さて、
私が
「何を根拠に」
「自信を持って」
「大それたことを言えるのか?」
それは、次回投稿する予定の
「ライブドア社長がピアノを弾けるようになる計画」

これを読めば、あなたにも
「まだまだ無限の可能性がある」と
気付きますよ。
お楽しみに!


terusannoyume at 15:18│Comments(0)TrackBack(0) 初心者でも必ず弾けるよ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集