2020年01月

2020年01月20日

「男の子女の子」ジャズ(その6)

今回は、[ B ] 9(サビ)のコード進行を学ぼう。

この曲「男の子女の子」の形式は
サビ付きのブルースだったよね。
[ A1 ] 12
[ A2 ] 12
[ B ] 9
[ A3 ] 12

すでに[ A1 ] 12、[ A2 ] 12のコード進行は学んだ。
[ A3 ] 12は、
[ A1 ] 12のコード進行と同じにすればいいので、
あとは[ B ] 9を学べば
この曲を演奏出来ることになる。

       ☆

原曲のコード進行を<キーB♭>で書くと〜

| E♭ | E♭7 | B♭ | B♭ |

| D7 | Gm7 | C7 | F7 | F7 (sus4) |

次に私が付け替えたコード進行。

| E♭|E♭m7 | Dm7 Dm7/C | Bm7(♭5) B♭7 |

| Am7(♭5) D7 | Gm7 Gm7/F | Em7(♭5) E♭m6 |

| Dm Dm(M7) Dm7/G G7 | Cm7 F7 |

コード進行は気分で勝手に付けているのではなく、
すべてのコードにちゃんとした理由がある。

2小節目「E♭m7」は、
本来ならサブドミナント・マイナー
「E♭m6」が来るところだが
メロディーに「♭レ」があるので
このようになった。

原曲3〜4小節目はトニック(B♭)だが、
トニックは [ A3 ] の頭で出したいので、
ここは代理を利用したコード進行にした。
沢山の曲を分析すると、
この意味がわかると思う。

7小節目のメロディーは、
「ド」が8分音符で7つもあり、
コード「C7」ではベースも「ド」。
それでベース音を変えた。
この場合、原曲のコードを
まったく無視しているのではない。
「C7」と「Em7(♭5)」は
同じコード。ベースが違うだけ。

8小節目のメロディーは
「ファ」が4分音符で4つ。
コードも「F7」のみ。
これでも決して悪くはない。
しかし私は一つの声部だけは変化させようと思い
「クリシェ」を使った。
実際の押さえ方は次回説明する。

コードネームだけでは伝わらない場合がある。

例えば9小節目の「Cm7」。

「そんなの知ってるよ」
「ド、♭ミ、ソ、♭シでしょ!」
と答える人達のために〜。

ここは左手でベース音「ド」を弾いて、
右手は「ソ、♭シ、レ、ファ」を弾く。

「え〜、何で〜?」

次回説明する。

      ☆

簡単に主要部分を説明したけれど、
もちろんすべてのコードについて
説明出来るし理由がある。
コード進行はフィーリングで付けるのではない。

ベースライン(横の流れ)と
なるべくメロディーと重複しないコードを選ぶ。

いや、これだけではない。
これでは誤解を与えるかもしれない。
まだまだいろいろな約束事がある。

和声学を学んだ人なら理解出来ると思うけれど、
どんなに細かいコードを付けても、
すべて説明出来る。
一定のルールの中で
各自が自由に付けるゲームみたいなもので、
結果は一人ずつ違ってくるから面白い。

(続く)


terusannoyume at 07:10|PermalinkComments(0) コード進行の勉強 | 効果的なアドリブ上達法

2020年01月08日

「男の子女の子」ジャズ(その5)

今回は全員に関係ある大事な話なので
しっかり読んで勉強しよう。

ジャズのセッションでは
必ず「F」のブルースを演奏するよね。

「F」ブルースはセッションに行かない人でも
ジャズを学ぶすべての楽器の人の必修科目だ。

そこで質問。
例えば「Now's The Time」は
代表的な「F」のブルースだけれど、
楽譜を見ると5〜8小節目に
|B♭7|B dim7|F7 | D7 |〜
と書いてある。

この「F7」をピアノで右手コード、
左手でベース音を弾く時に
ベース音は何の音を弾く?

「そんなの簡単だよ」
「F7だから当然<ファ>だよね」
と思った人は<間違い!>。

では何の音を弾く?
その理由は?
ジャズ理論で何と言う?
つまり理論書のどの項目に書いてある?

ジャズ理論を理解している人なら
上記の質問は即座に答えられるよね。

わからない人は今回じっくり学ぼう。
ブルースは初心者から上級者まで
すべての楽器の人の必修定番曲だからね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それでは前回の続きです。
話は「キーB♭」のブルースに戻ります。

前回学んだのは5〜6小節目、
サブドミナントの領域。
「E♭7」2小節でもいいけれど、
6小節目に「E dim7」を入れて、
その理由を説明しました。

さて、ここからです。

次の小節(7小節目)は
トニックに戻りますので、
コードは「B♭」または
ブルースですので「B♭7」。

ここが問題のところです。
ここでベース音は「♭シ」ではなく、
「ファ」を弾きます。
「B♭7」の第5音です。

「なぜ?」

ここで「ファ」を弾かないで
「♭シ」を弾いてしまったら
前の小節「B dim7」の行き場所(解決先)が
なくなってしまうのです。

逆から言えば
「E♭7」(5小節目)と
「B♭7(Bass F)」(7小節目)のベース音、
「♭ミ」(5)と「ファ」(7)の全音の間に
「ミ」(6小節目)を入れて
半音階で経過的に連結するのです。

これを経過的な減7の和音、
パッシング・ディミニッシュというのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

理解出来ましたか?
これを「F」ブルースに置き換えてみましょう。

(1〜8小節)
|F7|B♭7|F7|F7|
|B♭7|B dim7|F7 | D7 |〜

5小節目から8小節目までの
ベース音の基本ラインが
「♭シ→♮シ(ナチュラル)→ド→レ」
のようになります。

市販の「Fブルース」の楽譜で
「F7(Bass C)」と
書いてない場合が多いので、
ここはしっかり覚えておいて下さいね。

(続く)


terusannoyume at 10:28|PermalinkComments(0) コード進行の勉強 | 効果的なアドリブ上達法

2020年01月06日

「男の子女の子」ジャズ(その4)

前回はブルースのコード進行を書き出して、
解説を始めたところで終わってしまいました。

今回は、その続きから始めます。

|B♭|E♭7|B♭|Fm7/B♭ B♭7|

|E♭|E dim7|B♭/F Dm7(♭5)/A♭|G7|

|Cm7 Dm7 |E♭M7 F7|

「1|B♭ G7|Cm7 F7|[A2] へ戻る。
「2|B♭ E♭|B♭ B♭7|[B] へ進む。

4小節目にある「Fm7/B♭」は
「Fm7(Bass B♭)」でしたね。
このコードは「B♭7(sus4)(9)」ですが、
こう書くと難しくなるので「Fm7/B♭」と
書いています。
どちらもコードの構成音はまったく同じです。

「♭シ、♭ミ、ファ、♭ラ、ド」
最初の4つの音が「B♭7(sus4)」で
「ド」が「9th」。

逆に最初の1音「♭シ」を左手でベース音として弾き、
残りの4音を右手で弾けば「Fm7」(第3転回型)ですね。

なお、この小節のメロディーは1拍目「ファ」、
2拍目は休符です。
もしコード・ネームが「B♭7」しか書いてなくても、
この様な状況の時は自動的に「Fm7/B♭」を弾きます。
内声を動かすためです。
今回は念のため書いておきました。

      ☆

次に進みます。
5〜6小節目はサブドミナントの領域。
「E♭7」2小節でもいいのですが、
6小節目に「E dim7」を入れました。

この小節のメロディーは「ド」です。

原曲のコードは「F」ですので
「ド」は第5音でコード・トーン。
サブドミナントの領域に、
意図的にドミナントを使い、
ブルース色をなくして
ポップス色を出したのかもしれません。

今回は逆にジャズのブルース色を強調するので
「E dim7」を使うことにより
「ド」がテンションになりジャズっぽくなるのです。

コードの押さえ方は、
左手(低音)で「ミ」を弾き、
右手は中央の「ド」から
オクターブ上の「ド」を小指で弾き、
そこから4度下の「ソ」、
さらに短3度下の「ミ」、
さらにその下にある「♭レ」

なお6小節目で「♯ dim7」が使われる例は
「Now's The Time」、「Au Privave」、
その他のブルースでも多数ありますし、
テーマに出て来なくても、
アドリブ・コーラスを繰り返す間のどこかで
使うのは常套手段ですね。

(続く)


terusannoyume at 17:37|PermalinkComments(0) コード進行の勉強 | 効果的なアドリブ上達法

2020年01月05日

「男の子女の子」ジャズ(その3)

今回はジャズのブルース・コード進行を
「男の子女の子」のメロディーに
当てはめていきます。

「男の子女の子」の形式は
サビ付きのブルースでしたね。

[A1] 12
[A2] 12
[B] 9
[A3] 12

今回は [A2](12)のコード進行から説明します。
[A1](12)は前回説明したように
ソロ・ピアノ用なので後日説明予定です。

普通にバンドで演奏する場合、
今回のコード進行で充分です。

それでは始めましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず市販されている原曲の楽譜は
「キーG」で書いてありますが、
比較しやすいように「キーB♭」で書きますね。

<原曲>キーB♭に移調

|B♭ Gm|B♭|B♭ Gm|B♭|
|E♭|F|Dm|Gm B♭7|
|E♭|Cm7 F7|
「1|B♭ Gm|E♭ F7|
「2|B♭|B♭7|

「1は [A1](12)の時です。
[A2](12)先頭のコード「B♭」に帰ります。

「2は [A2](12)の時です。
[B](9)先頭のコード「E♭」に行きます。

あなたは初めてこのコード進行を見たとして、
「これはブルースだ」と見抜けたでしょうか?

1小節目と3小節目の「Gm」が余計なコードですね。
この小節はメロディーが8分音符で
「レ、ファ、レ、ファ、ソ、♭シ、ソ、レ」で、
3〜4拍目が「ソ、♭シ、ソ、レ」なので
「Gm」を付けてしまったのでしょうが、
「ソ」の音を「B♭」の「6th」と解釈すれば
「B♭」が4小節ですっきりします。

|B♭|B♭|B♭|B♭|
|E♭|〜

これだと「トニックが4小節!」
「5小節目に「E♭」(検瓮汽屐Ε疋漾砲ある」
「ひょっとして、これってブルース?」と
気が付きましたかね?
いやいや気が付かないでしょう。
まさかこの曲がジャズのブルースなんて。

いよいよここで私が付けたコード進行を書きます。

|B♭|E♭7|B♭|Fm7/B♭ B♭7|

|E♭|E dim7|B♭/F Dm7(♭5)/A♭|G7 |

|Cm7 Dm7 | E♭M7 F7 |

「1|B♭ G7|Cm7 F7|[A2]へ戻る。
「2|B♭ E♭|B♭ B♭7|[B]へ進む。

この進行でメロディーにピッタリ合います。
あなたはすでに音を聴いていますよね。

[A2]と[A3](最初の[A1]以外)は、
このコード進行だったのです。

ここでコード表記の注意です。

「B♭/F」は「 B♭(Bass F)」
コードは「B♭」でベース音は「F音(ファ」
ということです。

「Dm7(♭5)/A♭」は「Dm7(♭5)(BassA♭)」
4小節目「Fm7/B♭」は「Fm7(Bass B♭)」
これらも同じです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それでは解説を始めましょう。

「B♭」と書いてあるコードは、
前記のように「B♭6」です。
「6」と書いてなくてもジャズではそうなります。

ここではそんなことを知らなくても、
「B♭」の3和音を弾いて、
メロディーを「ソ、♭シ、ソ、レ」と弾けば
自然に「B♭6」になってしまいます。

2小節目「E♭7」
ジャズ以外のブルースはトニックのままですが、
ジャズでは「牽掘E♭7」になります。
形式のところで説明しましたね。

この小節のメロディーは
1拍目の「F音=ファ」のみですが、
コードが「B♭」ですと
F音はコード・トーン(第5音)。

「E♭7」ならF音は「9th」になるので
よりジャズっぽくなります。

そして2〜4拍目はメロディーがないので、
「D♭音」を強調した単純なフレーズを弾きます。
(B♭のブルース・スケールなど)
「D♭音」は「E♭7」から見たら「♭7」ですが、
キーB♭から見たら「♭3」でブルー・ノート。

単純なフレーズでいいので必ず弾いて下さい。
そうすることによって、
たった2小節しか弾いていなくても、
ジャズのブルースを聴く人に予感させるのです。

あなたに聴いてもらった音源も
そう弾いていたでしょう?
覚えていなかったら再度確認して下さい。

「ここは必ずD♭音を弾いてね」と
私が指定していたのです。

(続く)


terusannoyume at 07:28|PermalinkComments(0) コード進行の勉強 

2020年01月04日

「男の子女の子」ジャズ(その2)

例のコード付け(ピアノ演奏)を聴いて
あなたは気が付いたでしょうか?

[A1](12)と [A2](12)では、
別のコード進行が付いていることを…。

普通の場合、
[A1] と[A2] はメロディーが同じなので
コード進行も(ほぼ)同じです。
「ほぼ」と書いたのは
それぞれの最後の1〜2小節が違います。

[A1](12)の11〜12小節は、
[A2](12)に帰るためのコード進行。

[A2](12)の11〜12小節は、
[B](9)に行くための進行になるからです。

ですが、それ以外はメロディーが同じなので
当然コード進行も同じなのです。

では、なぜ今回は変えたのか?

その理由は〜

今回の演奏はソロ・ピアノですが、
ピアノ・トリオや管楽器がいるバンドで
演奏する場合、アレンジの一つの方法として
次のような想定をしているのです。

[A1] をソロ・ピアノで自由に弾いて、
11小節目あたりからテンポを出して、
[A2] からドラム、ベースが入って来る。
または管楽器がメロディーを吹き始める。

そんな設定になっているのです。

ソロ・ピアノなら細かいコード付けも出来ますからね。
私はピアノ・トリオでずっと活動していましたから、
この方法をよく取り入れていました。

コード進行の違いに気が付かなかった人は
ぜひもう1度 [A1] と [A2] を注意して聴いて下さい。

1〜7小節目までが
別のコード進行になっています。

どちらもメロディーにピッタリ合っていて、
自然に聴こえるはずです。
コード付けの面白さは同じメロディーでも
いろいろなコード進行が付けられることです。

同じ曲でもジャズ・ピアニストによって
コード付けが違うことはジャズ・ファンなら
すでに体験していることでしょう。

それもジャズの楽しみ方の一つですからね。

一般の人が音楽を聞く場合、
歌なら歌詞、演奏ならメロディーを中心に
聞きますよね?

ベース・ラインやコードまで聞かないでしょう?

しかしコード付けを出来るようになりたい人、
演奏能力を高めたい人は、音楽を聞く時に
コード進行(ということはベース・ライン)や
コードの響き(縦の積み重ね方)まで聴く訓練を
しなくてはいけません。

(続く)


terusannoyume at 07:25|PermalinkComments(0) コード進行の勉強 

2020年01月03日

「男の子女の子」ジャズ(その1)

「男の子女の子」(郷ひろみデビュー曲)は
<ジャズのブルース進行がピッタリ当てはまる>
という話を前回しました。

そして実例のピアノ演奏も聴いてもらいましたよね。

ジャズのブルース進行が
あまりにもピッタリ合っているので
あなたは思わずニヤリとしたことでしょう。

         ☆

さて「ジャズの〜」という前提が重要なので、
今回はそこから説明します。

ブルースのコード進行と言っても、
ジャズとその他のジャンル(ロックなど)では
同じ12小節でも少しコード進行が違うのです。

今回のピアノ演奏は「キーB♭」ですので
「B♭のブルース」を例にして説明します。

まず、ジャズ以外のジャンルでは、
以下のようなコード進行が典型です。

|B♭7|B♭7|B♭7|B♭7|
|E♭7|E♭7|B♭7|B♭7|
|F7|E♭7|B♭7|B♭7|

コードが3種類しか出て来ません。
トニック、サブドミナント、ドミナント。

これ(上記の例)に対して、
ジャズの進行は以下が典型です。

|B♭7|E♭7|B♭7|B♭7|
|E♭7|E♭7|B♭7|G7|
|Cm7|F7|B♭7|B♭7|

両者の違いを見て下さい。

まず大きな違いは
9〜10小節目です。

ジャズ以外のブルースでは〜
|F7|E♭7|

ジャズでは〜
|Cm7|F7|

次に最初の4小節。

ジャズ以外のジャンルでは、
トニックが4小節続きます。
|B♭7|B♭7|B♭7|B♭7|

それに対してジャズでは
2小節目にサブドミナントが入って
3小節目でトニックに帰ります。
|B♭7|E♭7|B♭7|B♭7|

次に7〜8小節目。
ジャズ以外のジャンルは〜
|B♭7|B♭7|
トニック2小節。

ジャズでは8小節目に「G7」が入ります。
9小節目の「Cm7」へ行くための一時的ドミナント。

以上、簡単に説明すると、
このような違いがあるのですね。

今回は、このジャズの進行(原型)を元に
「男の子女の子」のメロディー1音1音を
確認しながらコード進行をさらに発展していきます。

実例を何度か聴いて耳コピしておいて下さい。

次回をお楽しみに。


terusannoyume at 02:03|PermalinkComments(0) コード進行の勉強 

2020年01月02日

「男の子女の子」はブルースだった!

郷ひろみのデビュー曲「男の子女の子」は
完全なジャズのブルース進行だったという話をします。

もちろん原曲のコード進行は
ジャズのブルース進行ではありません。
しかし
ジャズのブルース進行がピッタリ当てはまるのです。

「男の子女の子」の形式は
サビ付きのブルースです。

[A1] 12
[A2] 12
[B]  9
[A3] 12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[A] 12小節のところがブルースのコード進行で
[B] は別の進行になっています。

ジャズのスタンダード曲「black coffee」も
同じ形式ですね。([B] は8小節ですが…)

それではここで私の付けたコード進行を聴いて下さい。
中級者以上の人なら聴けば分かるはずです。
ジャズの典型的なブルース進行が、
あまりにもピッタリ当てはまっていて、
思わずニヤリとして自分でも弾きたくなるでしょう。
(いつものようにピアノ演奏はnorikoさんです)

郷ひろみヒット曲ピアノ演奏シリーズ
「男の子女の子」





次回から数回に分けて
私の付けたコード進行を公開しますので、
あなたのレパートリーに加えて、
ぜひライブで発表して下さい。

きっと(いや絶対に)盛り上がりますよ!

参考として原曲も聴いておいて下さい。

郷ひろみ 男の子女の子





懐かしいですね。
本当に美少年でしたね。
いや、男の子なの?女の子?という感じでした。

(次回に続く)


terusannoyume at 00:58|PermalinkComments(0) コード進行の勉強 

2020年01月01日

今年もよろしく!

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は発表したいことがあるので、
実現出来るようにがんばります。


terusannoyume at 00:36|PermalinkComments(1) 「日記」読まないでね! 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集