2017年04月01日

少しずつでも確実に!

4月1日、気分一新してスタートです。

「暖かくなってきましたよね」
と書こうと思ったら、
今(3月31日の深夜)寒いですよ。

雨というか雪に変わりそうな雨なので、
少し冬に戻ってしまったような寒さ。

でも、すぐに暖かくなるでしょう。
今日から4月ですからね。

さて、あなたはマイペースで
練習&勉強を続けていることでしょう。

教室の生徒たちもそれぞれの課題を
「出来ない出来ない」と口では言いながらも
確実に成長していっています。

生徒本人が、
「あまり進歩していないんじゃないか」
と思っている場合でも、こちらから見たら
以前出来なかったことが
出来るようになっているので成長しています。

それを見ていると、
やはり何事もコツコツやっていくのが最良。

「あれをやったら次はこれを」というように
小さな進歩を積み重ねていくことが大切。

今日から新たなスタート。

楽しみながら進歩&向上して行きましょう!


terusannoyume at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)効果的なアドリブ上達法 

2017年03月09日

カプースチン新譜2曲!

カプースチンの新しい楽譜が、
2冊出ましたよ。

作品157と159ですから
最近の作品ということですね。

まず1冊目は、こちらです。

カプースチン: 好奇心 Op.157
ショット・ミュージック社/マインツ
ピアノ・ソロ 楽譜 – 2017/2/8





カプースチン: 好奇心 Op.157/ショット・ミュージック社/マインツ/ピアノ・ソロ

3ページ目から始まって19ページまで。

217小節の曲です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2冊目は、こちらです。

カプースチン: 雨模様 Op.159
ショット・ミュージック社/マインツ
ピアノ・ソロ 楽譜 – 2017/2/8





カプースチン: 雨模様 Op.159/ショット・ミュージック社/マインツ/ピアノ・ソロ

2ページ目から始まって8ページまで。

93小節の曲です。

☆最近はショット社から楽譜が続々と
発売されるので今後が楽しみです。


terusannoyume at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「カプースチン」分析研究 | コード進行の勉強

2017年03月06日

カプースチンは最高だね

入手困難だった
カプースチン人気作品の楽譜。

「8つの演奏会用エチュード Op.40」
と、もう1冊
「24のジャズ・プレリュード Op.53」が、
やっと手に入るようになったことを
前回と前々回で報告した。

しかし、
まだカプースチンを知らない人は、
この動画を観て(聴いて)みよう。

これらの作品は聴けば分かるけれど
ジャズの技法を使って作曲している。

とにかくカッコいいんだよね。

楽譜と音源の両方があるので、
楽しめるのではないかな?

カプースチン: 24のジャズ・プレリュード Op.53/





クラシックをかなりやっていた人なら
きっと弾けると思う(頑張ればだけど)。

もし弾けなくても、
分析すればジャズ理論の勉強になる。

分析のヒントは
このブログのカテゴリーにある
「カプースチン分析研究」を見るか、
別のブログ(リンクから行ける)
「テル先生のカプースチン分析研究会」
に分析の過去記事が多数あるので、
それを参考にして勉強しよう。

いろいろなことが学べるよ。

カプースチン:
「24のジャズ・プレリュード Op.53」
ショット・ミュージック社/マインツ
ピアノ・ソロ 楽譜 – 2017/2/11






terusannoyume at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「カプースチン」分析研究 | コード進行の勉強

2017年03月05日

24のジャズ・プレリュード

かなり前から手に入らなかった
カプースチンの
「24のジャズ・プレリュード Op.53」が
ショット・ミュージック社から発売された。

中古で現在の値段は、
プリズム版で何と約10万円!

これからはカプースチンの人気作品
「24のジャズ・プレリュード Op.53」と
「8つの演奏会用エチュード Op.40」の楽譜が
いつでも定価で手に入るようになった。

とてもありがたい環境になってきたね。

カプースチン:
「24のジャズ・プレリュード Op.53」
ショット・ミュージック社 / マインツ
ピアノ・ソロ 楽譜 – 2017/2/11





カプースチン: 24のジャズ・プレリュード Op.53/ショット・ミュージック社/マインツ/ピアノ・ソロ

<内容紹介> Amazonより

作曲者: KAPUSTIN, Nikolai
商品名: 24 Jazz Preludes Op.53
楽器・形態: ピアノ・ソロ
出版社: B. Schott'S Sohne/Mainz
※ 本書は輸入楽譜です。

※ この商品は、
為替の変動などの理由により、
予告なく価格が改定される場合があります。

価格改定により、
お客様に出荷される商品本体に
印字されている価格が
ご注文時の価格と異なる場合がありますが、
ご注文時の価格が優先されますので
予めご了承ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちらはCDです。

「24の前奏曲」
カプースチン(ニコライ)
(アーティスト, 演奏),
カプースチン (作曲)
形式: CD





24の前奏曲

<曲目リスト>

1. 24の前奏曲 作品53
2. 夜明け 作品26
3. トッカティーナ 作品36
4. 瞑想曲
5. サウンズ・オヴ・ビッグ・バンド 作品46
6. ムーヴィング・フォース 作品45


terusannoyume at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「カプースチン」分析研究 | コード進行の勉強

2017年03月04日

8つの演奏会用エチュード

かなり前から手に入らなかった
カプースチン
「8つの演奏会用エチュード」
(Op.40)の楽譜が、
ショット・ミュージック社から
やっと発売されました。

現在、中古で買うと、
プリズム版が3万円以上、
全音版は5〜8万円もするので、
ほしいと思っていた人は良かったよね。

カプースチン
「8つの演奏会用エチュード Op.40」
ショット・ミュージック社 / マインツ
ピアノ・ソロ 楽譜 – 2016/12/28





<内容紹介> Amazonより

長年入手困難だった
「8つの演奏会用エチュード Op.40」が
ついにショット社から発売!!

ロシアの作曲家ニコライ・カプースチン。

クラシック音楽の殿堂
モスクワ音楽院で学んだ上
ジャズにも傾倒し、
クラシックとモダンが融合した
ジャンルを超えた魅力あふれる作風で
知られています。

中でもピアノ作品は
近年国際コンクールで演奏されたり、
国内でもコンクール課題曲などにも
選ばれることが多く、
現代の作品としては異例の人気。

ここ数年著作権事情により
日本での入手が難しい状態が
続いていましたが、
昨年、ドイツのショット社が
作曲家権利を獲得し、
順次作品を出版してきましたが、
今回一番人気のこの曲集が
ついに発売されました。

カプースチン: 8つの演奏会用エチュード Op.40/ショット・ミュージック社/マインツ/ピアノ・ソロ

作曲者: KAPUSTIN, Nikolai
商品名: 8 Concert Studies Op.40
楽器・形態: ピアノ・ソロ
出版社: B. Schott'S Sohne/Mainz

■収載曲
1. Prelude (前奏曲)
2. Reverie (夢)
3. Toccatina (トッカティーナ)
4. Reminiscence (思い出)
5. Raillery (冗談)
6. Pastoral (パストラール)
7. Intermezzo (間奏曲)
8. Finale (フィナーレ)
※ 本書は輸入楽譜です。

※ この商品は、
為替の変動などの理由により、
予告なく価格が
改定される場合があります。
価格改定により、
お客様に出荷される商品本体に
印字されている価格が
ご注文時の価格と
異なる場合がありますが、
ご注文時の価格が優先されますので
予めご了承ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちらはCDです。

自作自演集
「8つの演奏会用エチュード」
カプースチン(ニコライ)
(アーティスト, 演奏)
カプースチン (作曲)
形式: CD





自作自演集「8つの演奏会用エチュード」

<曲目リスト>

1. 8つの演奏会用エチュード 作品40 1 前奏曲
2. 8つの演奏会用エチュード 作品40 2 夢
3. 8つの演奏会用エチュード 作品40 3 トッカティーナ
4. 8つの演奏会用エチュード 作品40 4 思い出
5. 8つの演奏会用エチュード 作品40 5 冗談
6. 8つの演奏会用エチュード 作品40 6 パストラール
7. 8つの演奏会用エチュード 作品40 7 間奏曲
8. 8つの演奏会用エチュード 作品40 8 フィナーレ
9. ソナタ・ファンタジー(ピアノ・ソナタ第1番) 作品39
10. スイート・イン・オールド・スタイル 作品28
11. 変奏曲 作品41

以下は、Amazonより。

1937年ロシア生まれ、
ジャズの要素を取り入れた作品を
数多く生み出しているカプースチン。
本作は長らく廃盤になっていた
トリトーンレーベルの
“カプースチン自作自演集”
の再発盤です。


terusannoyume at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「カプースチン」分析研究 | 作曲法あれこれ

2017年03月03日

お休み中の生徒さんへ

忙しくて(または他の理由で)
しばらくレッスンを休んでしまった。

でも、またレッスンに行きたいけれど、
連絡し難いよな〜と思っている人が
数人いるはず!

もう春だぞ。冬眠から目覚めよう!

まだまだ勉強することは沢山ある。

まあ、それが分かっているから
復帰したいんだよね。

そうじゃなかったら復帰なんて
絶対考えないからね。

やる気があるなら続けるべきだ。

別に怒られるわけじゃないから、
大丈夫だよ。

「サボってトンでもない奴だ」と
言われるぐらいだからね。

「それが嫌だから連絡しないのに〜」

あ、ごめん、ごめん。
じょ、じょ、冗談だよ、冗談。

さあ、みんなで上手くなろう。

練習&勉強を続けよう!


terusannoyume at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)愛と感謝の即興演奏法 | テクニック向上を目指して

2017年03月01日

勉強は楽しく続けよう!

久し振り!
元気ですか?

こちらも大変<元気>ですよ。

最近は「対位法」や「和声学」の本を
少しずつ読んで(いや眺めて)います。

ちゃんと勉強しようと思って、
中古の本を注文して手に入れたり、
いろいろな角度から学びたいと思っています。

ちょうど今日は3月1日で、
新しい月のスタートですよね。

あなたも勉強&練習を続けていると思いますが、
これからも頑張りましょう!


terusannoyume at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「日記」読まないでね! 

2017年01月01日

あけましておめでとう

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしく。

常に進歩&向上して行きましょう!


terusannoyume at 09:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)「日記」読まないでね! 

2016年12月31日

もうすぐです、来年は…

2016年も今日で終りですね。

後1時間ぐらいで来年です。

早かったなー。時間の流れが。

来年も良い年でありますように…。


terusannoyume at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「日記」読まないでね! 

2016年12月19日

続けることが大切

下手だった人でも
続けていると少しずつでも上達する。

あきらめちゃダメなんだね。

どこがいけないのか?

気付いて、直していくと何とかなる。

続けることが大切。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)効果的なアドリブ上達法 

2016年12月18日

毎日、何かを学ぼう!

今回は、日記です。

今日は神田の本屋さんで6冊購入。

それから最近は、
中古でしか手に入らない本やDVDを
アマゾンで取り寄せたりしている。

今日もDVDが1枚送られてきたので、
これから(深夜)観る予定です。

それからYouTube も毎晩観ていて
いろいろなことが学べて楽しい。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「日記」読まないでね! | 効果的なアドリブ上達法

2016年12月17日

キース・ジャレット研究(3)

今回も3日連続で
キース・ジャレット・トリオの
演奏を聴いて勉強しよう。

今回は、ジャズ定番曲
「All The Things You Are」
なんだけれど、
最初のピアノだけで弾いているところ、
よ〜く聴くと、ちゃんとテーマの
コード進行なんだね。

      ☆

今回もアドリブ・コーラスで
「今どこを弾いているのか?」
コード進行を頭で思い浮かべて
各小節を追い掛けて聴こう。

アドリブ・フレーズも追い掛けて
頭の中で歌うといい。

効果的な上達法の1つだ。

Keith Jarrett Trio
「All The Things You Are」






terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)動画でレッスン | 効果的なアドリブ上達法

2016年12月16日

キース・ジャレット研究

前回に続いて今回も
キース・ジャレットの
トリオでの演奏を聴こう。

今回は誰でも知っている
「枯葉」だけれど、
テーマをよく聴いていないと
どこを弾いているのか、
分からなくなってしまう。
(特に2コーラス目は、各小節の
頭がどこなのか見失わないように、
拍子をしっかり取って聴くといい)

今回もアドリブ・コーラスで
「今どこを弾いているのか?」
各小節を追い掛けて聴こう。

つまり「コード進行を
頭で思い浮かべて聴く」
ということだね。

ピアノは、アドリブを
何コーラス弾いたかな?

ベース・ソロは?

ドラム・ソロは?

Keith Jarrett
「Autumn Leaves」





あれ、最後は別の曲が?
何の曲か、分かるかな?

それで演奏後に笑っているんだね。


terusannoyume at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)動画でレッスン | 効果的なアドリブ上達法

2016年12月15日

キース・ジャレット・トリオ

今回は、
キース・ジャレット・トリオの演奏で
「It Could Happen To You」
を聴こう。

よく演奏される曲なので
知っていると思うけれど、
知らない人はジャズ曲集で調べて
メロディーとコード進行を覚えよう。

曲を知っていて聴くのと
知らないのでは、
理解度が違ってくるからね。

アドリブ・コーラスで
「今、どこを演奏しているのか?」
常に追いかけて聴こう。

メンバーは、お馴染みだよね。

Keith Jarrett (p)
Gary peacock (b)
Jack Dejohnette (d)

Keith Jarrett Trio
「It Could Happen To You」





最後のテーマで、
<m7−7−m7−7>の
偽終止に入ったところ分かったかな?

何回繰り返したか、分かったかな?


terusannoyume at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)動画でレッスン | コード進行の勉強

2016年12月14日

感覚派の人への指導法

今月になって矢野顕子の動画を
いくつか観てもらったけれど、
本当の実力がわかったでしょう?

私は40周年記念CDを買ってから、
すぐに楽譜を12冊も買ってしまった。

もう新刊では手に入らない曲集も含め、
今、手に入る矢野顕子の楽譜を12冊。
(ベスト・アルバムや中古で高いものは
除いて)

感覚派の生徒を指導する時のヒント
になるのでは?と思って研究しよう
と思ったからだ。

これだけの説明では誤解されそうだが、
いつか詳しく話す時があるかもしれない。

ジャズ理論を学ぶことは当然だけれど
特別に難しい理論を知らなくても弾ける。

そんな学習方法、指導法があるはずだ。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)効果的なアドリブ上達法 

2016年12月13日

上達のコツは聴くこと

前回「モントルー供
(ビル・エヴァンス)
を紹介したけれど、1枚目も名盤!

お城のジャケットで有名だ。

このCDも上達のために聴いてみよう。

「モントルー・ジャズ・フェスティヴァル
のビル・エヴァンス+1」
ビル・エヴァンス (アーティスト, 演奏)
形式: CD





<CDの説明> Amazonより

“ジャズ百貨店”キャンペーン【Verve編】。

モントルー・ジャズ・フェスの名前を
世界的に広めた傑作ライヴ盤。

ジャック・ディジョネットの参加によって、
ビル・エヴァンス・トリオの作品の中でも、
いつもよりクールで躍動感が漲る
アグレシッヴな演奏となった。

心に沁みるソロ演奏も素晴らしい。

1968年6月15日スイス、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァル
にてライヴ録音。
(C)RS

モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス+1

<曲目リスト>
1. イントロダクション/ワン・フォー・ヘレン
2. ア・スリーピング・ビー
3. 伯爵の母
4. ナーディス
5. 愛するポーギー
6. あなたの口づけ
7. エンブレイサブル・ユー
8. いつか王子様が
9. ウォーキン・アップ
10. クワイエット・ナウ(ボーナス・トラック)


terusannoyume at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)効果的なアドリブ上達法 

2016年12月12日

ジャズ・ピアノ上達法

ジャズ・ピアノ上達のためには、
「ジャズのCDを聴かなければダメだ」
と、いつも生徒たちに言っている。

アッコちゃん(矢野顕子)も
自分の本(えがおのつくりかた)
の中で、次のCDを紹介している。

高校生の時に、
ビル・エヴァンス「モントルーII 」を
「毎日のように聴いていた」
と言っている。

やはり上手くなるには
毎日聴かなくちゃいけない。

「モントルーII 」
Blu-spec CD
ビル・エヴァンス
形式: CD





<内容紹介> Amazonより

巨匠ビル・エヴァンスによる
ピアノ・トリオのライヴの美学。

1970年度
モントゥルー・ジャズ・フェスティバル
実況録音盤。

モントルーII

<曲目リスト>
1. イントロダクション〜ベリー・アーリー
2. アルフィー
3. 34スキドゥー
4. ハウ・マイ・ハート・シングス
5. イスラエル
6. アイ・ヒア・ア・ラプソディー
7. ペリーズ・スコープ

☆リマスタリングを施したBlue-Spec CDで
再発するCTIレーベル究極の40セレクション。


terusannoyume at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)効果的なアドリブ上達法 

2016年12月10日

完全なジャズ矢野顕子

矢野顕子と上原ひろみのピアノデュオは
数日前(12月6日)に聴いてもらったけれど、
今回も同じ2人の演奏で別の曲を聴こう!

これも完璧なジャズだね。

最近ずっと紹介している動画すべてに
共通していることは、リズムに乗ること。

この2人の「ノリ」を感じてほしい。

やはりジャズは乗らなきゃダメだ。

では、じっくり鑑賞しよう。

矢野顕子/上原ひろみ-「そこのアイロンに告ぐ」





terusannoyume at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)効果的なアドリブ上達法 | 動画でレッスン

2016年12月09日

歌伴奏の展開法を学ぶ

歌の伴奏を学びたい人、
弾き語りをしている人、
アッコちゃんの動画を観ると、
いろいろなことが学べるよね。

1曲の中でいろいろな要素を入れ
変化(緩急)を付けているんだね。

例えば、

☆コードを切って入れて、
空白を歌が進んでいく。

☆コードをリズミックに弾いて乗る。

☆さらにノリを増すために
次の小節のコードを
半拍前に出しアクセントを付ける。
ジャズでは当然のことだけれど。

☆普通のコードではなく、
ジャズ・コード(テンション)を使う。

☆アルペジオにして少し静かになる。

☆強弱をハッキリ付ける。
間奏などは音を大きくしてアドリブ。

☆曲中でのしゃべり(挨拶)。
この演奏は、その日の最後だったのかな?

☆全体を通しての特徴は、笑顔で
視線はお客さんの方を中心に見て、
鍵盤はほとんど見ないで弾いている。

では、ライブを観て学ばせていただこう!

        ☆

ごはんができたよ - 矢野顕子





まだまだいろいろ学べることはあると思う。
自分で他の要素も見付けて、
あなたの音楽に取り入れよう。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)効果的なアドリブ上達法 | テクニック向上を目指して

2016年12月08日

「弾き語り」のお手本

アッコちゃんの弾き語りを観よう。

今回は伴奏のお手本を学ぼう。

楽譜に書いてあるものではなく、
その場でやっている伴奏だから、
リズムに乗って自然な感じだね。

コード進行さえ覚えておけば、
その時の気分でどんな風にも弾ける。

ジャズ・ピアノが弾ければ、
そんなことは当たり前だよね。

間奏などもアドリブと同じように
毎回変えて自由自在に弾ける。

そんなところを意識して観ながら、
他にもいろいろと学んでほしい。

気が付いたところは、
早速自分の音楽に取り入れよう。

      ☆

すばらしい日々 - 矢野顕子
(12/05/12)






terusannoyume at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)愛と感謝の即興演奏法 | コード進行の勉強
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集